handmade-handicraft

ハンドメイド

「ハンドメイド」と「ハンディクラフト」の意味と違いについて。

2020-01-27

 

悩む女性
「ハンドメイド」っていう言葉はよく聞くけど、「ハンディクラフト」って言葉もある。使い分けとかあるのかな?

 

最近アクセサリーなどを作るようになり、ハンドメイドという言葉を使う機会が増えたのですが、ハンドメイドは言葉の表す範囲が広い。

 

「これはハンドメイドというのだろうか?」

「クラフトではないのか?」

「ハンディクラフトという言葉もあるよなー」

 

たいして違いはないだろうと思っていたのですが、自分の作品はハンドメイドなのか何物なのか気になったので、言葉の意味を調べてみました。

 

結論から言うと、2つの言葉共に

「手で作られたもの」

と言う意味がある。

 

カタカナで見るより、英語で調べた方が2つの使い分けがハッキリした気がするのでまとめてみました。

 

 

ハンドメイドの意味

「ハンドメイド」とは簡単に言うと「人の手によって作られたもの」のこと。

元来は機械製品(マシンメイド)に対する手製品という意味。

 

しかし現代ではミシンやニッパー、ハンダなど一般にも機械の導入は可能になっている。

ハンドメイドの場合は大量生産するための機械導入ではなく、人の手で一つのアイテムを一つずつ作り上げるためのツール。

 

「手作り味噌」などお手製の食べ物もハンドメイドに含まれます。

 

日本語でいうところの「手作り」「お手製」

 

クラフトの意味

まず「クラフト」は一般的に「工芸」と言われている。

 

本来は手作業であったが、最近の工芸には機械を使用したものが多くなった。

一部手作業を行う、手作業の割合が高いもの、丹念に手作りされた製品を指す。

 

日本語でいうところの「工芸品」「民芸品」

 

英語で「ハンドメイド」「ハンディクラフト」

英語ではどう表すのか。

 

ハンドメイド「handmade」

「手作り」「手製」「手細工」という意味になります。

 

ハンディクラフト「handicraft」

 

「手細工」「手仕事」という意味になります。

 

ハンドクラフト(handcraft)という言葉もありますが「(…を)手細工で作る」という意味。

 

「Handcrafted」にも「手作り」という意味がありますが、彫刻などの作品にはHandcraftedで表されています。

 

まとめ

 

英語表記などは場合によっては、手作りの「作品」と言う意味合いでは使い方を調べてから書いた方がいいのかなと。正直英語で調べ出したらややこしくなってしまった気もします(汗)

 

日本では「ハンディクラフト」より「ハンドメイド」の方が馴染みがあるので、手作りアクセサリーやminneなどでは「ハンドメイド」と従来通り使って良さそうです。

 

-ハンドメイド
-,

© 2020 シルシボックス